ゲーム業界の平均年収、高い?安い?

ゲームプログラマーのための転職塾

平均年収はどれくらい?

平均年収はどれくらい? 未経験からゲームプログラマーを目指すにも、ゲームプログラマーとして転職するにも、ゲーム業界の平均年収はどのくらいなのか、気になるところですよね。ゲーム業界の年収事情を見てみましょう。

会社の規模によって差がある、ゲームプログラマーの平均年収

ゲームプログラマーの気になる平均年収は、入社する会社の規模によって差があります。従業員1,000人未満の中小規模の会社の平均年収は約400万円。これに対し、1,000人以上従業員がいる大規模なゲーム制作会社では600万円~900万円と、一気に高額になります。ゲーム業界に限らずですが、大会社への入社には学歴などのハードルもあり、人気もあるので、ハードルは高くなります。専門知識とスキルが求められ、かつ業務も過酷になりがちな職種であることを考えると、思ったほど高収入ではないのが実情です。同じプログラマー同士で比較しても、システム開発系の一般的なプログラマーよりも年収は若干低い傾向にあります。

スキルとキャリアを積んでステップアップ

ひとつのゲーム開発に対し、複数人のプログラマーが分業するゲーム開発現場では、中心となってゲームプログラマーをまとめる役割の人が必要になります。この中心人物をメインプログラマーなどと呼びます。メインプログラマーともなれば、プログラミングスキル、技術力の高さに加え、コミュニケーション能力やマネジメント能力も必要となり、責任も大きくなるため、年収アップが見込めるポジションです。

とりあえずチェック!注目記事

おさえておきたいプログラム言語はコレ!

ゲーム好きなら良くご存知のとおり、家庭用ゲーム機、Webゲーム(ブラウザゲーム)、スマートフォンのゲームアプリ、ネット通信型のゲームなど、ゲームはますます多様化しています。ゲーム業界も時代の変化に伴う各種プラットフォームへの対応を余儀なくされ、次々に新しいゲームを送り出しています。そんなゲーム制作の現場で、ゲームプログラマーがおさえておかなければならないプログラミング言語とは? おさえておきたいプログラム言語はコレ! おさえておきたいプログラム言語はコレ!

思い切ってフリーランスで稼ぐ!

日本ではまだ浸透するには至らないまでも、はたらき方の多様化が進んでいることはみなさん肌で感じていると思います。そんな時代の変化に乗って、思い切ってフリーランスとして独立し、活躍の舞台を自由に広げてみるのも、ステップアップの選択肢のひとつです。サラリーマンプログラマーと、フリーランスプログラマーにはライフスタイルも収入も大きく変化します。フリーランスのメリットとデメリットを知り、自分はどちらであるべきか検討してみましょう。 思い切ってフリーランスで稼ぐ! 思い切ってフリーランスで稼ぐ!

転職とは即戦力として入社することである!

転職活動をすすめる際の心得として、あらためて認識しておきたいこと。「転職とは即戦力として入社すること」という事実。ここをしっかりと理解することが、この先の転職活動をスムーズに進めることにつながります。企業はなぜ中途入社の社員を採用するのか?新卒採用との違いは何か?即戦力とはどういうことか?を、ひとつずつ確実に理解し、自分なりに得心しておきましょう。 転職とは即戦力として入社することである! 転職とは即戦力として入社することである!

page top