好きこそものの上手なれ!ゲームプログラマーに必要な資質はゲーム好きであること!

ゲームプログラマーのための転職塾

どんな人が向いている?

どんな人が向いている? どんな仕事にも向き不向きがあります。ゲームプログラマーには、どんなタイプの人が向いているのでしょうか?納期間際は激務になることもしばしばある、ゲーム制作現場。決して楽ではないゲーム業界をタフに乗り切れるのは、こんなタイプの人です!

ゲーム好きであること!

ゲームプログラマーには、まず「ゲームが好きであること」が、ポイントになります。つくる人がおもしろいと思えなければ、おもしろいゲームをつくるのは難しく、仕事自体がつらくなってしまいます。逆に、ゲームが大好きであれば、自分自身がおもしろいと思えるゲームをつくりあげる喜びと完成したときの達成感は想像以上!その達成感とやりがいで、激務を激務とさえ感じずに没頭できる人が多いのもこの業界の特徴です。

持久戦!「地道にコツコツ」タイプに向いています。

ゲームに限らず、プログラマー全体に共通していえることですが、飽きっぽい人や継続力のない人には向いていません。 ゲームの完成までの長い道のりを、地道にコツコツと進み続ける持久力と忍耐力が必要。体力的にもメンタル面も、強さが求められます。

ゲーム制作現場もチームワーク!コミュニケーション能力は不可欠!

ゲーム制作は、プロジェクトとして必ず複数人で開発します。クリエイターやデザイナー、自分以外のプログラマーとの連携は必須。コミュニケーションがうまくとれないと、開発自体も円滑に進みません。

とりあえずチェック!注目記事

おさえておきたいプログラム言語はコレ!

ゲーム好きなら良くご存知のとおり、家庭用ゲーム機、Webゲーム(ブラウザゲーム)、スマートフォンのゲームアプリ、ネット通信型のゲームなど、ゲームはますます多様化しています。ゲーム業界も時代の変化に伴う各種プラットフォームへの対応を余儀なくされ、次々に新しいゲームを送り出しています。そんなゲーム制作の現場で、ゲームプログラマーがおさえておかなければならないプログラミング言語とは? おさえておきたいプログラム言語はコレ! おさえておきたいプログラム言語はコレ!

思い切ってフリーランスで稼ぐ!

日本ではまだ浸透するには至らないまでも、はたらき方の多様化が進んでいることはみなさん肌で感じていると思います。そんな時代の変化に乗って、思い切ってフリーランスとして独立し、活躍の舞台を自由に広げてみるのも、ステップアップの選択肢のひとつです。サラリーマンプログラマーと、フリーランスプログラマーにはライフスタイルも収入も大きく変化します。フリーランスのメリットとデメリットを知り、自分はどちらであるべきか検討してみましょう。 思い切ってフリーランスで稼ぐ! 思い切ってフリーランスで稼ぐ!

転職とは即戦力として入社することである!

転職活動をすすめる際の心得として、あらためて認識しておきたいこと。「転職とは即戦力として入社すること」という事実。ここをしっかりと理解することが、この先の転職活動をスムーズに進めることにつながります。企業はなぜ中途入社の社員を採用するのか?新卒採用との違いは何か?即戦力とはどういうことか?を、ひとつずつ確実に理解し、自分なりに得心しておきましょう。 転職とは即戦力として入社することである! 転職とは即戦力として入社することである!

page top