ゲーム制作の現場、ゲームプログラマーの仕事内容をのぞいてみよう!

ゲームプログラマーのための転職塾

主な仕事内容をご紹介!

主な仕事内容をご紹介! ゲームプログラマーとは、ゲーム制作会社でゲームプログラミングを行うスペシャリストのこと。未経験からゲームプログラマーを目指すあなたへ、ゲームプログラマーの仕事内容を紹介します。

ゲーム制作にかかわる人々

ゲーム制作は、様々な人が関わりながら役割分担をしてすすめられています。
まず、ゲームクリエイターまたはディレクターが、ゲームのストーリーやシナリオなどの企画を考案します。キャラクターや画面イメージなど、ゲームの見た目はゲームデザイナーの担当分野です。この企画と仕様を、実際のゲームプログラムとして動作するようにプログラミングするのが、ゲームプログラマーの仕事です。ゲームプログラマーが組みあげたゲームは、テスト部門が動作確認・チェックをし、完成までバグ出しと修正を繰り返します。

ゲームプログラマーがつくるのはゲーム自体のプログラムとは限らない

ゲームプログラマーといえば、ゲーム自体のプログラミングをイメージする人が多いでしょう。もちろん、ゲーム自体のプログラミングもゲームプログラマーの仕事ですが、ゲーム開発をするためのゲームエンジンの開発や、開発用支援ツールのプログラミングなどを担当する場合もあります。これらの開発はゲーム開発よりもさらに高度なスキルを求められる場合も多く、ゲーム制作全体を支える重要な役割です。また、ゲーム開発プログラミングにおいても、最近のネット通信ゲームの普及に合わせて、クライアントで動作するプログラムだけではなく、サーバで動作するプログラムの開発スキルも必要になっています。

ゲームプログラムの専門家として、企画サポートも

ゲームの企画を考案するのはクリエイターの役割ですが、実際にプログラミングをするのはゲームプログラマーです。そのため、企画の時点で技術的な難点を指摘する場面もでてきます。指摘と提案によっては企画自体に大きく影響をあたえる場合も。できないことはもちろんありますが、「できない」を指摘するのではなく、「これをするためには、こうすればできる」を提案できるプログラマーが一流です。

とりあえずチェック!注目記事

おさえておきたいプログラム言語はコレ!

ゲーム好きなら良くご存知のとおり、家庭用ゲーム機、Webゲーム(ブラウザゲーム)、スマートフォンのゲームアプリ、ネット通信型のゲームなど、ゲームはますます多様化しています。ゲーム業界も時代の変化に伴う各種プラットフォームへの対応を余儀なくされ、次々に新しいゲームを送り出しています。そんなゲーム制作の現場で、ゲームプログラマーがおさえておかなければならないプログラミング言語とは? おさえておきたいプログラム言語はコレ! おさえておきたいプログラム言語はコレ!

思い切ってフリーランスで稼ぐ!

日本ではまだ浸透するには至らないまでも、はたらき方の多様化が進んでいることはみなさん肌で感じていると思います。そんな時代の変化に乗って、思い切ってフリーランスとして独立し、活躍の舞台を自由に広げてみるのも、ステップアップの選択肢のひとつです。サラリーマンプログラマーと、フリーランスプログラマーにはライフスタイルも収入も大きく変化します。フリーランスのメリットとデメリットを知り、自分はどちらであるべきか検討してみましょう。 思い切ってフリーランスで稼ぐ! 思い切ってフリーランスで稼ぐ!

転職とは即戦力として入社することである!

転職活動をすすめる際の心得として、あらためて認識しておきたいこと。「転職とは即戦力として入社すること」という事実。ここをしっかりと理解することが、この先の転職活動をスムーズに進めることにつながります。企業はなぜ中途入社の社員を採用するのか?新卒採用との違いは何か?即戦力とはどういうことか?を、ひとつずつ確実に理解し、自分なりに得心しておきましょう。 転職とは即戦力として入社することである! 転職とは即戦力として入社することである!

page top