上流工程、ゲームプランナー(ディレクター)を目指す!

ゲームプログラマーのための転職塾

ゲームプランナー(ディレクター)へキャリアアップ!

ゲームプランナー(ディレクター)へキャリアアップ! ゲームプログラマーとしてキャリアを積んでからの転職を考えるなら、思い切ってゲームプランナー(ディレクター)を目指して収入アップを狙おう!ゲームプログラマーとして培ったスキルと知識を最大限活かせる職業です。

ゲームプランナーの仕事

ゲームプランナーは、ゲームのシナリオなど企画を作る人で、ゲームクリエイターと呼ぶ場合もあります。主に企画とマーケティングを担当する人をゲームプランナー、ゲーム制作現場を取り仕切り、指揮監督をする人をゲームディレクターといいますが、会社によっても多少違いがあり、企画から指揮監督までを1ポジジョンで担うケースもあります。プログラムとして実装するゲームプログラマーがいなければゲームは完成しませんが、ゲームを生み出す側のゲームプランナーが優秀でなければおもしろいゲームにはなりません。関わり方は変わりますが、おもしろいゲームをつくりたいという気持ちは同じです。

ゲームプランナー(ディレクター)に必要なスキル

まれにプログラミング知識を持たないプランナーやクリエイターもいますが、技術的に実現できない実現性のない企画を作ってしまったり、逆に、本当は実現できる方法があるのにその方法を知らないプログラマーの「技術的にできない」の一言であきらめてしまうなど、残念な事態に陥るケースも。画期的でおもしろいゲームを生み出すためには、プログラミングスキルを含めた幅広い知識が必要なポジションです。
もうひとつ、このポジションに必要なスキルは、開発チームをまとめあげるリーダーシップとコミュニケーションスキル、マネジメント能力。これらは、プランナー・ディレクターとして活躍するためには、技術的スキルと同等かそれ以上に重要なファクターとなります。

とりあえずチェック!注目記事

おさえておきたいプログラム言語はコレ!

ゲーム好きなら良くご存知のとおり、家庭用ゲーム機、Webゲーム(ブラウザゲーム)、スマートフォンのゲームアプリ、ネット通信型のゲームなど、ゲームはますます多様化しています。ゲーム業界も時代の変化に伴う各種プラットフォームへの対応を余儀なくされ、次々に新しいゲームを送り出しています。そんなゲーム制作の現場で、ゲームプログラマーがおさえておかなければならないプログラミング言語とは? おさえておきたいプログラム言語はコレ! おさえておきたいプログラム言語はコレ!

思い切ってフリーランスで稼ぐ!

日本ではまだ浸透するには至らないまでも、はたらき方の多様化が進んでいることはみなさん肌で感じていると思います。そんな時代の変化に乗って、思い切ってフリーランスとして独立し、活躍の舞台を自由に広げてみるのも、ステップアップの選択肢のひとつです。サラリーマンプログラマーと、フリーランスプログラマーにはライフスタイルも収入も大きく変化します。フリーランスのメリットとデメリットを知り、自分はどちらであるべきか検討してみましょう。 思い切ってフリーランスで稼ぐ! 思い切ってフリーランスで稼ぐ!

転職とは即戦力として入社することである!

転職活動をすすめる際の心得として、あらためて認識しておきたいこと。「転職とは即戦力として入社すること」という事実。ここをしっかりと理解することが、この先の転職活動をスムーズに進めることにつながります。企業はなぜ中途入社の社員を採用するのか?新卒採用との違いは何か?即戦力とはどういうことか?を、ひとつずつ確実に理解し、自分なりに得心しておきましょう。 転職とは即戦力として入社することである! 転職とは即戦力として入社することである!

page top